腎臓病治療は低たんぱく食品の通販でまかなう

肉や魚その他卵や豆腐はまあまあな量のたんぱく質があり、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個分と同程度のたんぱく質が含有されています。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があるのです。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創りはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の安定を維持したり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓病治療は当然病院でふさわしい治療を受けることも先決ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。CKDの治療において薬物治療とご飯療法は重要で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧(生活習慣病の一つだといわれています)において治療をしやすくし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、いわゆる蛋白制限食は不味い、その他にもカロリーが不足するなどで、実行に移せない方が数多くいます。ご飯をもとにして得立たんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、残った老廃物は尿といっしょに体外へ出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を保つためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いでしょう。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、不足しないように補給する必要があるのです。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重を約60kgと仮定すると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。例えば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。ご飯療法については、栄養士に教えてもらいながらいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんでご飯指導を受けられないときは、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。慢性腎臓病については、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。濃縮加工した野菜ジュースは、生野菜や素のままの果物にくらべて大概はカリウム含有量が非常に高いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康体のキープとされます。透析が必要無い保存期の間は、ご飯療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。また、透析導入後も、体調を保ちながら安定して透析をつづけていくために、ご飯療法は重要視されます。管理人のお世話になってるサイト⇒低たんぱく食品 通販