腎臓病の食事宅配サービスは欠かせない生命線だ

クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓に行き分離された後尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉の量が低下すれば、クレアチニンの量も減少します。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が飛躍するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。食事をして摂り入れたたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を調整する重要が出てきます。ですが、たんぱく質は人体にとって重要不可欠な栄養源なので、不足しないように補給する重要があります。慢性腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので普段通りに血液が通わなくなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内で増加し始めます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法・食事制限の元一定量を常にキープする事が入り用なのです。腎臓病を患う方にお勧めしたい、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が落ち込む程に、今以上に考えて食事を管理する重要があります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー病理制限も伴います。食事内容は自己流で判断せずに、管理栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質の場合分離されれば約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する重要があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなります。腎臓病を発症した方の行う食事療法・食事制限の趣意は、腎臓病の症状進行を食い止める事と、健康体のキープとされます。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を試みる事で腎不全の進行をスローペースにし、透析導入を遅らせることができます。更に言えば、人工透析開始後も、できる限り健康体で人工透析をするために、食事療法・食事制限は大きな意味を持ちます。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食品の分類や調理を実行する際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。慢性腎臓病に罹っても食事療法・食事制限を厳守すれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の症状進行のペースを遅くできます。優れた効き目が出た際には、慢性腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせることが出来る場合もあります。食事療法・食事制限が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法・食事制限に関しては、患者が自ら自発的に手掛けられる最善の治療方法です。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分と水分の病理制限を設ける重要性が出てきます。この場合 飲み水だけではなく、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら病理制限を設ける項目は塩分だけになります。水分量の病理制限については病状や尿量を元に医師が決定します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。
参考にしたサイト>>>>>腎臓病食事宅配